独り言diary

日々シンプルに生きよう。

新書を正しく理解する読み方

f:id:m441f1201:20170315125415j:plain

絶賛春休みの僕。

最近の習慣はブログを書くことと本を読むこと。

 

そこで

僕が高校生からの計6年間で身につけた

新書の正しい読み方を紹介していきたいなって思う。

 

まず、大事なこと。

①最初から最後まで全部読むことはしない!

②当たり前のように前から読まない。

 

 

そう、この2つ大事なのね。

だって人間は最初から最後まで本読んでも記憶力続かないから

結局内容わかんねーよー

ってなるわけよ。

 

じゃあ具体的にどう読むのって話だけど

今から紹介する読み方を僕はしている。

 

①本の表と裏、帯をちゃんと読む。

②はじめにを読む。

③さいごにを読む

④目次を読む。

 

この①から④で大体の話の流れ作者の伝えたいことは分かる。

 

あとは目次見ると大事そうなところ大体書いているから

そこだけ読むので作者の意図は理解できる。

うん、だいたいこんな感じで僕はいっつも本を読んでる。

 

試してみて!