独り言diary

日々シンプルに生きよう。

心の声。

f:id:m441f1201:20170326213854j:plain

石巻に来てはや5日。

 

半端じゃないくらい時間が経つのが早い。

知らない街で知らない人たちと知らない空気感。

歴史も人の気質も全く違う場所だけど意外と順応してきた今日この頃。

結構僕は楽しんでます。

 

初めて石巻に来たけど、

石巻は石見なみに心地よい。

 

ええやん、この雰囲気

って心の中でいつも呟いてる。

 

 

石巻の人はみんなアットホーム。

僕は毎日夜はどこかの店に連れ出してもらってます。

魚も日本酒も鹿肉も美味しい。

 

  

 

ここからが大事なことなんだけど

自分では思ってなかったけど

僕は結構地元が好きらしい。

 

 

石巻に来てみて実感したことだけど

僕は地元が好きらしい。

お盆もお正月も帰らない、

帰っても会いたい人がそんなにいないから

ずっと島根で過ごしてるけど

地元が好きらしい。

 

そう、地元が好きらしい。

 

ここ1年ぐらいの中で一番の衝撃。

好き嫌いの以前に興味が無いと思ってたから。

正直島根に比べると思い入れないし。

 

 

当然嫌いなわけではない。 

中高生時代も勿論楽しかったんだけど

島根に来て人見知りが少し直ったし、

好きなことも好きなだけ好きな人たちと出来たから

島根が好き。

 

ただ、震災の話とかなんやら聞いたり喋ったり、

石巻の方と触れ合ってて思ったんだけど

島根のこと話すのと同じぐらい地元のこと話す時

笑顔らしい。

しかも饒舌らしい。

 

まじかよ。

そんなに好きだったのか。

確かに讃岐うどんは超好きだけど。

 

なんか本当に衝撃だった。

地元のことなんてそんなに知らないし

知らないから興味ないし。

より知ってるから島根が好きだし。

 

だけど石巻のこともっと知りたいと思ってるのと一緒で

地元のこと何にも知らないから知りたいなと感じている僕もいる。

 

この変化が僕にとって良いかどうか分からないけど

自分の感覚で生きることを重視してる僕にとって

この感覚は気にしておくべきかなと思った。 

 

そして地元の事書いてたら

うどんが食べたくなった。

どん兵衛でもいいからうどんが食べたい。

 

欲を言うと讃岐うどん