独り言diary

日々シンプルに生きよう。

学び。

f:id:m441f1201:20170607215513j:plain


畑に行ってて思ったんだけど

今更ながら勘と経験による農業経営って

変だよね。

 

いつもお世話になってる方が

パクチー水耕栽培で生産してるんだけど

リスクを防ぐためにセンサーとかを使っての

IT化と水耕栽培に結果的に行き着いたって仰ってた。

 

行ってみて実際に感じたことなんだけど、やっぱり若者が就農する流れが昔より活発になってきつつあるって言ってもやっぱり始めるにはハードルが高い。土地を獲得するのが難しいとかいい土地が遊休農地になっててもなかなか貸してもらえないとか。それに経験と勘に頼ってる面もハードルが高い理由かなと実際行ってみて思ったことの一つ。水耕栽培でも露地栽培でも何でも勿論リスクは有るし、その栽培方法に合う・合わないってのがもちろんあると思うんだけど栽培方法に限らす最低限のリスクマネジメントを行っていく必要はあるんじゃないかなって農業に興味が出てきた若造は思った。

 

んで僕は圧倒的に知識が足りないから色々な人に学ばないとなって最近思う。勿論農業のことだけじゃなくて何でも。地域にはいたるところに先生がいるし、学べる瞬間も本当にたくさんある。学ぶこと自体もリスクを下げるのに重要だよね。たぶん。